葛クッキング

天極堂のお手軽、葛レシピ集です。今日から葛クッキング始めましょう☆

| 葛クッキング | 次へ

ウズラと舞茸のおろしあんかけ

ウズラと舞茸のおろしあんかけ

【材料】
合挽ミンチ 100~150g
葛粉(つなぎ用) 大さじ1
卵黄 1個分
まいたけ 1/4パック
玉ねぎ 1/4個分
人参 1/4個分
茹でたウズラ卵 4個
塩・胡椒 適量
バター 適量
(ソース)
薄口しょうゆ 大さじ1
味醂 大さじ2
水 大さじ3
水溶き葛粉 適量
(トッピング)
ミニトマト 4個
大葉 4枚
大葉の千切り 適量
大根おろし 小さじ2

【作り方】
1、玉ねぎとニンジンをみじん切りにし、炒めたら冷やします。
2、マイタケと千切りにしたにんじんをバターでいためておきます。
3、ウズラの卵2個を4等分にスライスします。
4、1に卵黄、葛粉、合挽ミンチを混ぜてこねます。
5、4を薄く延ばして焼き、4等分に切ります。
6、(ソース)の材料を混ぜて水溶き葛粉でとろみをつけます。
7、大葉を2枚ずつお皿にしき、1/4のお肉とお肉の間に2を挟む。
8、6を半分かけてから大根おろしと千切り大葉を乗せます。
9、トマトとウズラの卵を半分に切り、横に添えれば出来上がりです。

| あんかけ | 13:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

厚揚げの梅干し入りさっぱりタレ

厚揚げの梅干し入りさっぱりタレ(2人前)

厚揚げの梅干し入りさっぱりタレ

材料(2人前)
厚揚げ・・・4切れ
葛粉・・・10g
だし・・・10g
水・・・140g
梅干し・・・1個

作り方
①厚揚げはフライパンで両面がこんがりするまで焼いておきます。
②梅干しの種を取り細かく切り刻みます。
③葛粉、だし、水を混ぜ合わせ②を加えます。
④③を火にかけとろみが出るまで混ぜます。
⑤①にかけお好みで葱などをトッピングします。

| あんかけ | 12:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

葛あんかけ揚げうどん

葛あんかけ揚げうどん

葛入りあんかけ揚げうどん

材料(2人前)
乾燥うどん 2人前
エビ 6尾
イカ 適量
キャベツ 5枚
きくらげ 4枚
(調味料)
水 

醤油
鶏ガラスープ
オイスターソース
砂糖
ショウガ 1かけ
(水溶き葛粉)
水 大さじ2
吉野本葛 大さじ1


1, キャベツとキクラゲ(戻しておいたもの)を短冊切りにします。
2, エビは殻をむき・背わたを取って酒(分量外)でまぶしておきます。
3, ショウガをみじん切りにして、調味料を合わせておきます。
4, エビとイカを熱したフライパンで炒めます。
5, 全体にきつね色になったら3を入れて鍋で煮ます。
6, 乾燥うどんは表示通りにゆでます。ザルで水気を切ったら、キッチンペーパーで再度しっかりと水気を取ります。
7, フライパンに多めの油を熱し、うどんを入れたらきつね色になるまで揚げます。両面を揚げたらバットにとって油を切ります。
8, 5がしんなりとしたら水溶き葛粉を加えて混ぜ、とろみがついたら出来上がりです。
9, 揚げたうどんに8をかけたら完成です。

| あんかけ | 11:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

白身魚の野菜あんかけ

白身魚の野菜あんかけ
白身魚の野菜あんかけ

【材料】(4人分)
・白身魚(鱈など。今回はかれいを使いました。) 4切れ
・吉野本葛 適量
あん
・玉ねぎ 4分の1個
・人参 2分の1本
・ピーマン 1個
*・水 150ml
*・白だし 大さじ3
*・みりん 大さじ4
*・料理酒 大さじ2
・吉野本葛 小さじ1
・水 小さじ1

【作り方】
1.魚に塩を振って余分な水分を浮き上がらせてクッキングペーパーでふき取ります。
2.野菜をみじん切りにする。*を混ぜ合わせておきます。
3.1の魚に吉野本葛をつけて軽くはたきます。
4.油をひいて熱したフライパンに並べ、こんがり焼き色がつくまで焼く。焼き終わったらお皿に盛り付けます。
5.クッキングペーパーでフライパンについた油をふき取り、野菜と*を入れて火が通るまで中火で煮ます。
6.火が通ったら弱火にし、水溶き吉野本葛を加えます。
7.魚の上からかけたら完成です!

| あんかけ | 10:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ズッキーニと鶏肉の葛仕立て

ズッキーニと鶏肉の葛仕立てイメージ
ズッキーニと鶏肉の葛仕立てレシピ


『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介


| あんかけ | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

しいたけ真薯の葛あんかけ

『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

しいたけイメージ
しいたけレシピ



明日から、飛鳥彩瑠璃の丘天極堂テラスにて、数量限定で提供中。(3月20日まで)

レシピに出てくる「吉野本葛」は天極堂の通販サイトで購入できます。→吉野本葛

| あんかけ | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

葛きりのキラキラサラダ

葛きりのキラキラサラダ

葛きりのキラキラサラダ

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】(2人分)
葛きり・・・30g
パプリカ赤、黄・・・各1/4個
新玉葱・・・1/2個
レモン汁・・・大さじ1と1/2
えごま油・・・大さじ1
塩・・・ふたつまみ
胡椒・・・少々
パセリ・・・少々

【作り方】
1.鍋に湯を沸かし葛きりを袋の表示通り茹で、ザルにあげ、流水で冷まし、水気を絞ります。
2.パプリカは1㎝幅に縦に切り、沸騰湯に入れ、3分ほど茹で、ザルにあげます。
3.玉葱はスライサーで薄切りにします。
4.ボールにレモン汁、えごま油、塩、胡椒を入れてドレッシングを作り、1~3を加えて混ぜ、味をなじませます。
5.器に盛り、飾りのパセリをのせたらできあがりです。

*パプリカの鮮やかな色とさっぱりしたドレッシングで葛きりを洋風のサラダにしました。

*葛きりはこちらから購入できます→くずきり

*ゆで時間の短い「葛彩麺」もおすすめです→葛彩麺

| あんかけ | 16:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ツルムラサキとトマトの中華葛

ツルムラサキイメージ
ツルムラサキレシ
『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

| あんかけ | 12:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

彩り野菜のくずあん

彩り野菜のくずあん

野菜あんかけ.jpg

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】
れんこん    1/2節
ごぼう      1/3本
かぶら     中1個
かぼちゃ    1/12個
きぬさや    10枚
人参      1/3本
貝柱      50g
だし      500cc
薄口しょうゆ 小さじ1
酒       小さじ1
みりん     小さじ1
塩       小さじ1
吉野葛    大さじ2
だし      大さじ4

【作り方】
1、レンコンは縦に4つに割り、5mmの厚さに切ります。
 ごぼうは斜めに5mm位に切ります。
 人参は5mmにいちょう切りにします。
 かぼちゃは皮を少し取り、5mmの厚さに切ります。
 かぶらは厚く皮をむき、小さめの串切りにします。
 きぬさやはすじを取っておきます。
2、だしを温め、調味料を入れ、きぬさや以外の野菜と貝柱を入れて火を通します。
3、野菜に火が通ったらきぬさやを入れ、だしで溶いた葛粉を加えてとろみをつけます。
4、一度濁った煮汁が再び透き通るまで煮ます(一煮立ち)。

*冬は暖かく、夏は冷やして食べられます。
*シンプルですがお野菜もたくさん食べられます。
*葛のとろみが大好きです。


【試作者コメント】
シンプルな味付けで、野菜の持ち味を生かしたお料理ですね。
どんな野菜とも合うので、冷蔵庫の残り物野菜の整理にも向いていて、主婦の味方になりそうだと思います。
でも、家庭菜園で撮れたての野菜たちをこんな風に料理したらおいしいでしょうね!

| あんかけ | 14:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

おから餅

震災からの復興と、これからの日本の安全・平和を祈り
非常時に少しでも役に立つことができたらという思いで応募します


おから餅
MS様のレシピです。


<材料 2~3人分>

吉野葛     1/2カップ
生おから    100g
味噌      大さじ1
だしの素    小さじ1
豆乳      50cc


<作り方>

①吉野葛を粉末にします。
(粉末にした吉野葛も販売しておりますが、固形を粉末にする場合は下記をご覧ください。)
②材料をすべて混ぜ、食べやすい大きさに丸め、餅の形に潰します。
③5日から1週間天日干ししてカリカリに乾燥したらビンなどに入れて保存します。


<ポイント>

*みそ汁の具として食べたり、しばらく入れておくと溶けてくるので、
 それを火にかけ、混ぜると、とろみが出て腹持ちが良くなります。


<別の食べ方>

*乾燥させずにすぐに焼いて食べるともちもちの食感が楽しめるおやつになります。


下準備
葛粉が固形の場合は粉末状にします。

天極堂通販サイト「吉野本葛」

| あんかけ | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| 葛クッキング | 次へ