葛クッキング

天極堂のお手軽、葛レシピ集です。今日から葛クッキング始めましょう☆

| 葛クッキング | 次へ

フォー風葛めん

<フォー風葛めん>

フォー風葛めん

材料(一人分)
葛きり 35g
鶏胸肉 60g
レタス 適量
葛粉 小さじ1/2
生姜すりおろし 少々
塩 ひとつまみ~
薄口醤油 小さじ1/2~
レモン くし型1個
葱(小口切り) 少々

作り方 
①葛きりを袋の表示通りにゆがきザルにあげておきます。
②鶏胸肉をそぎ切りにし、塩と酒少々(分量外)を揉み込み、葛粉を表面につけます。
③鍋に水250ccを入れ、沸騰したら②を入れ、蓋をして弱火にして火を通します(5分)
 注:ゆで汁は使用するので残しておきます。
④③の鶏肉を冷水に放ち冷めたら水から出しておきます。
⑤鍋に残ったスープのあくを取り、生姜のすりおろしを入れ、再度沸騰させます。
⑥沸騰したら弱火にし適当な大きさにちぎったレタスを入れ、塩と薄口醤油で調味しレタスに少し火を通します。
⑦器に①を入れ鶏肉とレタスをのせ、スープを注ぎレモンと葱を飾します。レモンを搾ってお召し上がりください。

※ベトナムのフォーは米粉めんですが、葛きりで作っても美味しくできました。

※鶏肉にまぶした葛粉と葛きり、2種類の葛製品を使用しました。

| 洋風のおかず | 14:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

葛粉のガレット2017

葛粉のガレット2017

【材料(2枚分)】
(生地)
葛粉 60g
牛乳 150cc
塩 小さじ1/2
(マッシュドポテト)
ジャガイモ 1個
マヨネーズ 大さじ1
牛乳 適量
塩・胡椒 少々
(トッピング)
たまねぎ 1個
ソーセージ 4本
*トマト 適量
*オリーブオイル 小さじ2
*塩・胡椒 適量
卵2個
オリーブオイル(焼く用)

【作り方】
1、ジャガイモは皮のままラップで包んで温め、柔らかくしたら、皮をむいてつぶします。
2、マッシュどぽてっとの材料を入れて良く混ぜます。
3、*トマトは角切りにし、(*)の材料と混ぜておきます。
4、ソーセージは食べやすい大きさに切り、玉ねぎはスライスしてレンジで加熱しておきます。
5、生地の材料をボールに入れて混ぜ合わせたら、フライパンでオリーブオイルを入れて薄く流し入れます。
6、生地の上にジャガイモのマッシュを乗せ、玉ねぎとソーセージを乗せたら真ん中に卵を落とし、焼き上がれば出来上がり。
7、お好みで塩コショウ・マヨネーズをかけてお召し上がりください。

| 洋風のおかず | 13:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

じゃがいもと豆腐のお焼き

じゃがいもと豆腐のお焼きレシピ

| 洋風のおかず | 12:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

冷製豆乳葛きり ~豆乳ソースと夏野菜添え~

冷製豆乳葛きり ~豆乳ソースと夏野菜添え~

冷製豆乳葛きり ~豆乳ソースと夏野菜添え~

葛きり
豆乳 200.0 ml
葛粉 100.0 g

豆乳スープ
豆乳 200.0 g
コンソメ 2.5 g
白みそ 5.0 g
葛粉 10.0 g
食塩 適量

付け合わせ 水菜 半束
ミニトマト 5個
鴨ロース 3切れ


●豆乳ソース●
① 鍋にスープの材料を全て入れ、白みそと葛粉を溶かしておきます。
② ①を加熱し、とろみが付いたら火から下ろし、で冷やしておきます。
③ ボールに移して、氷水を当てて冷やしておきます。

●付け合わせ●
野菜は水洗いして、適度な大きさにカットしておきます。

●豆乳葛きり●
① 豆乳に葛粉を溶かします。ダマの無いように注意してください。
② バットに薄く流し、底面を湯煎し、ある程度固まったら湯に付けます。
③ 冷水で絞め、麺状にカットします。

●盛り付け●
器に豆乳葛きりを盛り付け、ソースを添えます。
上から野菜を盛り付け完成です。

| 洋風のおかず | 12:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

簡単かに風味クリームコロッケ

クリームコロッケ(第7回葛のレシピコンテスト)

| 洋風のおかず | 10:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ジャンボピーマンのケークサレ

ジャンボピーマンのケークサレイメージ
ジャンボピーマンのケークサレ作り方

『くずまんのもりもりクッキング』放送の様子はこちらをご覧ください。→メディア紹介

| 洋風のおかず | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ジャージャー麺

ジャージャー麺

ジャージャー麺

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】<4人分>
豚ひき肉 300g
おろし生姜 小さじ1
ごま油 大さじ1
塩・コショウ 適量
玉ねぎ 1玉
なす 1本

トマト 1玉
きゅうり 1本
麺つゆ 200cc

葛うどん 240g

[調味料]
●水 500cc
●粉末鶏ガラだし 小さじ1
●甜麺醤 大さじ1.5
●味噌 大さじ2
●醤油 小さじ1
●みりん、酒 各大さじ1
●豆板醤 少量
●水溶き葛粉 本葛粉大さじ1、水大さじ2

【作り方】
1)きゅうりは千切り、トマトは1cm角に切ります。
2)玉ねぎ、なすはみじん切りにします。
3)ごま油を熱し、生姜を加え、豚ひき肉を塩・コショウで炒めます。
4)2)を加えさらに炒めます。
5)●を加えて煮込みます。
6)汁気が1/3になるまで、煮込んだら、火をとめ、水溶き葛粉を回し入れます。
7)再び、火をつけ、よく混ぜながら、とろみがつき、艶が出たら火を止めます。豚肉味噌の完成です。
8)葛うどんを約7分茹でます。すぐに冷水で冷やします。
9)7)肉味噌をのせます。1)をトッピングし、麺つゆをお好みでかけます。完成!


| 洋風のおかず | 17:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

スケルトン葛うどん

スケルトン葛うどん

スケルトン葛うどん.jpg

このレシピは第6回レシピコンテスト応募作品です。


【材料】(4人分)
手延べ葛うどん 2袋
生春巻きの皮  8枚
むきえび    32尾
サニーレタス   8枚
大葉       16枚
キュウリ     1本
マヨネーズ   適宜
ごま油      適宜
そうめんつゆ   適宜


【作り方】
1、手延べ葛うどんは表示通り茹でて冷水で冷まし、ごま油をまぶしておきます。
2、むきえびは尾と背ワタを取り、さっとゆでます。
3、レタスは手でちぎり、キュウリは短冊に切っておきます。
4、水で戻した生春巻きの皮を広げ、サニーレタス、マヨネーズ、キュウリ、オオバ、1の葛うどんをのせ、くるくると巻いて最後にエビの赤が見えるように巻き終えます。
5、更に4を盛り、プチトマトを添えます。


【試作者コメント】
そうめんつゆでいただくレシピになっていますが、
イタリアンドレッシングなども合いそうですね。
お好みに合わせて味を変えてみるのも面白いと思います。

| 洋風のおかず | 16:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ミルククデュウーのチーズリゾット

超簡単!朝ごはんや風邪ひきにおすすめ
ミルククデュウーのチーズリゾット

吉野葛クッキング葛リゾット

このレシピは2015年葛のレシピコンテストの応募作品です。

<材料> 1人分
ごはん 70g
水 150g
ミルククデュウー 20g(1袋)
とろけるチーズ 10g

<作り方>
1、お鍋に水とご飯を入れて中火にかけます。
2、沸いたら少し火を弱めて、ミルククデュウーを加えてよく混ぜます。
3、とろみがついたらチーズを加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。

<企画室Kさんコメント>
葛湯を使っているので少し甘さが気になりますが、手軽に作れるのがいいですね。
本当「生姜葛湯」を使っているけれど、レシピを応募するときに「ミルク葛湯」に変えたとか、、、。
「生姜葛湯」の方が、ぴりりとパンチがきいてよかったかもしれませんね。
皆さんもいろんな葛湯で味見をして、また感想を聞かせていただけると嬉しいです。

| 洋風のおかず | 15:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ふわふわとろとろフレンチトースト

ふわふわとろとろフレンチトースト
吉野葛クッキング葛のフレンチトースト

このレシピは2015年葛のレシピコンテストの応募作品です。

<材料> 1人分
食パン 1枚
卵 1個
吉野葛 大さじ1杯
ココアクデュウー 150g
フルーツ お好みで

<作り方>
1、ボールに卵と葛粉と水大さじ1杯を入れてよく混ぜます。
2、食パンを①の葛とき卵にくぐらせます。
3、フライパンでパンを両面焼きます。
4、ココア葛湯を作ります。ココアクデュウーにお湯100ccを加えて溶かし、さらに電子レンジ(500W)で20秒温めます。
5、フレンチトーストに、固めに作ったココア葛湯を添え、フルーツを盛り付けて出来上がりです。

通常のフレンチトーストより、葛を入れたことによってふわふわのフレンチトーストができあがります。
温かいココア葛湯がフレンチトーストとフルーツに良く合います。

<企画室Kさんコメント>
普通にココア葛湯を作るのではなく、かなり濃いめに作るのがポイントでしょうか。普通のトーストに塗ってもおいしそうですね。

| 洋風のおかず | 15:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| 葛クッキング | 次へ